08:47 2020年10月20日
エンタメ
短縮 URL
0 50
でフォローする

日本の大人気アニメ『攻殻機動隊』の3DCG版のシーズン1(全12話)が23日、Netflixで配信される。Netflix Japanのアニメ情報を発信するツイッターアカウントが発表した。公式ツィッターによれば、続編のシーズン2は制作は決定されたものの、配信日はまだ未定。

このツイートと同時にシーズン1のビデオクリップがYoutubeで公開された。このシーズンでは、世界的な金融危機の後、草薙素子らが所属する公安9課がサイバー空間での犯罪と戦う内容を描いている。

シーズン1の監督を担当するのは、荒牧伸志氏(SFアニメ映画『アップルシード』、CGアニメ映画『キャプテンハーロック』)と神山健治氏(アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』)。

キャタクターデザインを担当するのは、ロシアのイラストレーター、イリヤ・クブシノブ氏。クブシノブ氏の作品は、日本の著名なゲームデザイナー、小島秀夫氏にも称賛されている。

スプートニクの行ったイリヤ・クブシノブ氏への独占インタービューはこちらからお読みください。

タグ
エンタメ, 文化, アニメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント