11:32 2020年10月30日
エンタメ
短縮 URL
0 618
でフォローする

新型コロナウイルスの感染拡大で、フィギュア世界選手権2冠のエフゲニヤ・メドベージェワ選手が計画していた春と夏の全てのイベントがダメになってしまった。そのイベントとは、まず彼女がコメンテーターとして呼ばれていたモントリオール(カナダ)でのフィギュア世界選手権、ロシアでのアイスショー「ロシアよ、前へ進め!」、カナダと米国で開催予定だった大規模ツアー「スターズ・オン・アイス」、そして日本での「プリズム・オン・アイス」。メドベージェワ選手が日本に到着直後、日本は入国拒否などの隔離体制を導入した。今東京に滞在中のメドベージェワ選手は、フィギュアスケートを恋しがっている。

メドベージェワ選手がインスタグラムに新たに投稿した動画には、東京の公園の桜の下で2019/20シーズンの彼女のプログラム「SAYURI」を踊る姿が収められている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Evgenia Medvedevа (@jmedvedevaj)

メドベージェワ選手は動画に「アイスリンクが恋しい」との文章を添えて投稿。

日本で6月開催予定だったアイスショー「プリズム・オン・アイス」は、2021年に延期された。メドベージェワ選手はセーラームーン役で出演予定で、話題となっていた。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, フィギュアスケート, エフゲニア・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント