09:57 2020年08月13日
エンタメ
短縮 URL
172
でフォローする

オーストラリアのアデレードの男性は、自分が億万長者になったのは同僚のためにコーヒーが急に買いたくなったからだと主張する。米UPI通信社が報じた。

その匿名の男性は、出勤途中に自分と同僚のコーヒーを買いに店に立ち寄った。そこでギャンブル好きな男性は、宝くじ「Saturday X Lotto」のチケットをまだ買っていなかったことに気がついた。

その男性は「コーヒーを買いに立ち寄らなかったら、この宝くじを見逃していたかもしれない」と語った。

26日、男性が当選結果をチェックしてみると、自分が120万ドル(約1億2700万円)を当てていたことが明らかになった。

男性は、高額当選について「正直いうとね、茫然としている状態だよ。今ある全てのもののためにがんばって稼いできたし、辛い時もあった。こんな贈り物をもらうなんて、すごいことなんだ」と心情を打ち明けた。

男性は当選金で借金を返済することにした。その後は奥さんと残ったお金の使い道について話し合う予定だ。

男性は「お金の一部は子どもたちにあげて、世の中が良くなったら家族旅行に行こうと思う」と語った。

関連記事

タグ
宝くじ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント