22:27 2020年06月05日
エンタメ
短縮 URL
0 40
でフォローする

米国の男子小学生が、湖で36kgの巨大なチョウザメを釣り上げた。米UPI通信社が報じた。

大物を釣り上げた太公望はコイ・プライス君(9)。コイ君は家族と一緒に米テネシー州北部にあるオールド・ヒッコリー湖に釣りに来ていた。姉妹のケイトリンさんは18キロのヨーロピアンパーチを、ファラーさんは26キロのヨーロッパオオナマズを釣り上げたが、コイ君の獲物は姉妹の記録のさらに上をいった。コイ君の釣り針にかかったのは36キロの巨大なチョウザメだったからだ。

​3月には、オーストラリアの漁師が2メートルのヨーロピアンパーチを釣り上げた。漁師の男性は、この大物と釣り上げるのに15分間格闘したという。

関連記事

タグ
びっくり, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント