20:48 2020年06月05日
エンタメ
短縮 URL
0 43
でフォローする

メディア・エンターテイメント専門の大手法律事務所、グラブマン・シャイア・メイゼラス&サックス(Grubman Shire Meiselas & Sack)から著名人らの機密情報を盗んだハッカー集団が、レディー・ガガさんの情報の一部をオープンソースに流した。米メディア「ローリング・ストーン」が伝えている。

ハッカー集団は「グラブマンは顧客に対する配慮が足りないようだ。あるいは間違いだったのは、交渉に役立たせようとデータ復旧会社に対応を相談したこと。時間切れとなったので、警告した通り、まずはデータの一部を公開する」と宣言。

公開されたデータは計2.4ギガバイトで、その中にはレディー・ガガとプロデューサー、ミュージシャン、請負業者との契約書、マーケティング契約書、詳細な支出リスト、写真など様々な文書があった。これらは通常、法律事務所に保管委託される。

ハッカー集団が盗んだデータは計756ギガバイトで、グラブマン・シャイア・メイゼラス&サックスが担当する数十のスターに関連するもの

ハッカー集団は当初、ファイルの身代金として2100億ドル(約22億43億円)を要求したが、同事務所は支払いを拒否。今度は4200億ドル(約44億96億円)を請求し、トランプ大統領の「闇」を暴露すると脅迫している。盗んだファイルの中にその情報を発見したとしている。支払い期限は1週間だ。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント