01:00 2020年09月27日
エンタメ
短縮 URL
0 32
でフォローする

韓国ではサッカーKリーグのクラブ「FCソウル」が、無人の客席にラブドールを設置したとして物議を呼んでいる。Goal.comが報じた。

韓国では8日、サッカーKリーグが無観客で開幕した。ファンやマスコミの間で問題になったのは、17日開催のFCソウル対光州FC戦。試合は1-0でホームチームの勝利で終わった。無観客試合のため、スタンドにはサポーターもいなかったが、そのスタンドにおいて「ある物」が騒ぎを引き起こすことになった。

​無観客でも試合を盛り上げようと各クラブ対策を練るなか、アダルトグッズを製造するダルコム社が空いた客席を埋めるべく「高品質のマネキン」の設置をFCソウルに提案。クラブ側は合意し、30点を購入したという。

批判を受けたFCソウルは、ファンに謝罪。ダルコム社の事業内容を確認していなかったため、その用途も把握していなかったと説明した。新型コロナウイルスのパンデミックで、世界中でサッカーのリーグ戦が中断を余儀なくされる中、韓国サッカーは8日、いち早くリーグ戦開幕に踏み切っている。

関連記事

タグ
韓国, FIFA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント