01:56 2020年10月01日
エンタメ
短縮 URL
0 60
でフォローする

フィンランドのトゥルクに近い沿岸部でハンドウイルカの群れが目撃された。この水域でハンドウイルカが目撃されたのはほぼ70年ぶり。ヘルシンギン・サノマト紙が報じている。

同紙の報道によれば、 ハンドウイルカは世界海洋のいずれの水域でも見られるが、バルト海でしかもフィンランドの水域で見られることはほぼ不可能とされてきた。

同紙によれば、フィンランド付近の水域でイルカの姿が最後に確認されたのは1953年で、その前はさらに半世紀前の1905年。

トゥルク大学の研究者らはすでにイルカの観察を開始しており、イルカは3頭でいずれも成人であることが確認されている。研究者らはイルカの姿を目撃しても接近、煽動はしないよう呼び掛けている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント