17:08 2020年07月05日
エンタメ
短縮 URL
0 61
でフォローする

米国に住む作家で映像ディレクターのレベッカ・ラヴアさんは5月、自宅の庭で不思議な蛾に気づいた。それは虫というよりはピンクのマシュマロや子どものおもちゃに似ていた。

驚いたレベッカさんはその写真をツイッターに投稿し、それからしばらくして同じような蛾が自宅近くの蚊帳で休んでいることに気づいた。

​ツイッターのコメントから、そのピンクでふわふわした虫はDryocampa rubicunda(メープル蛾)だと判明した。羽根と体がピンクと黄色で、サイズが大きいことが特徴で、北米に生息し、主にメープルの葉を食べることから名前がついたという。

レベッカさんのフォロワーもこぞって変わった蛾の写真をアップし、スイーツや70年代のディスコスターに似ている、と楽しんだ。

関連ニュース

タグ
びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント