17:05 2020年10月30日
エンタメ
短縮 URL
164
でフォローする

古代ユダヤ教の礼拝でカンナビス(大麻草)が使用されていた可能性がある。イスラエル南部ネゲブ砂漠の町アラドに約2700年前に建てられた神殿の発掘調査で、祭壇から大麻の主な有効成分である精神活性 化合物テトラヒドロカンナビノールを含む保存状態のよい植物由来の物質の残存物が見つかった。

学者らは、信者の陶酔感を生み出すために大麻草を燃やした可能性があるとの見方を示している。

これは、ユダヤ教の礼拝で向精神物質が使用されていたことを示す初めての証拠。

発見した学者らは、エルサレムでもカンナビスが使用されていた可能性があると考えている。

今回の調査は、テルアビブ大学の考古学雑誌に掲載された

関連ニュース

タグ
宗教, エンタメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント