17:31 2020年07月05日
エンタメ
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロシア人のエミリア・キベレビッチ監督と劇団「ブルスニキン工房」は、コンピューターゲーム『ザ・シムズ4』から『舞台への哀愁』と題した映像パフォーマンスを創作、その作品をYouTubeチャンネルで公開したとインスタグラムで発表した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Театр «Мастерская Брусникина» (@masterskaya_brusnikina)

『ザ・シムズ4』とは、仮想世界でキャラクターの人生をプレイするシミレーションゲーム。同スタジオはこの今回の映像作品について「これは、戯曲のリハーサルが可能で、隣り合って座っている生の観客に戯曲を披露することができた頃の通常の生活への郷愁から生まれた映像パフォーマンス・シリーズだ」と説明している。

キベレビッチ監督は女性の画家と一緒に『ザ・シムズ4』でキャラクターを作成し、その後、俳優たちがその声を担当した。この映像パフォーマンスは誰でも視聴可能で、ブルスニキン工房のYouTubeチャンネルで公開されている。

関連記事

タグ
文化, 映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント