19:57 2020年07月08日
エンタメ
短縮 URL
0 10
でフォローする

フランス南西部の沿岸地域で、モリスの名で親しまれたガリアの雄鶏が死亡した。この雄鶏は2019年9月に裁判所から公式に早朝に鳴くことを許可されていた。フランスのラジオ局「France Bleu」によれば、この雄鶏は6歳で、死因は猫ウィルス性鼻気管炎だった。

雄鶏モリス事件

2017年、モリスは法的スキャンダルの真っただ中にあった。モリスの毎朝の鳴き声に近所の高齢の夫妻が腹を立てた。ジャン・ルイ・ビロンとジョエル・アンドリューの夫妻は、喧騒を逃れ郊外で休息するため別荘を購入した。しかし、騒がしい雄鶏が夫妻の平穏を邪魔し始めた。彼らは、公序良俗に反する行為として雄鶏を非難し、モリスの飼い主のコリン・フェッソ氏を提訴することにした。

審理は2年以上の長期となった。最終的に裁判所は原告の請求を退けただけでなく、老夫婦に対し、モリスの飼い主に賠償金1000ユーロ(約12万円)の支払うよう命じた。判決が言い渡される際、コリン・フェッソ氏の支援者らが雄鶏を手に裁判所の外で待機をしていた。このほかにも15万5000人がモリスを支援する請願書にサインを行った。今日、フランス人たちは、この事件を現代の都市部の価値観と農村部の伝統の間の対立を示すシンボルと理解している。

この事件はモリスに大きな名声を与えた。そのため、雄鶏の死はフランスの多くの市民にショックを与えた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント