スプートニク日本
宮崎駿にロシアのアンパンマンに ソ連アニメのキャラクターのクイズに答えてみよう!
ソ連では何年にもわたって、ユニークなキャラクターが登場するアニメ映画が実に多く作られてきた。チェブラーシカのように世界中の視聴者から人気と愛を得たものもあれば、旧ソ連の国民にのみ親しまれたキャラクターもいる。ソ連アニメのキャラクターをもっと知り、身近に感じて、誰が優しいヒーローで、誰が悪者なのか当ててみよう。
クイズ
ソ連アニメのキャラクターのクイズに答えてみよう!
テスト開始
『ヌー・パガジー!』のタバコを吸うオオカミ
『ヌー・パガジー!』は、猫のトムが逃げ回るネズミのジェリーを捕まえて食べようとする米アニメの『トムとジェリー』に似ている。オオカミはこのアニメの各シリーズで、ウサギを食べたいがために追い回し、そのついでにいろんな場所で騒ぎを引き起こすが、ウサギはオオカミの追跡からうまく逃れている。
ソ連では『ヌー・パガジー!』が大ヒット。しかし、フィンランドではテレビでの公開が禁止された。同国では作品中でウサギはあまりにも残酷で、オオカミはそのせいでいつも困っていると判断されたからだ。
『ヌー・パガジー!』は、猫のトムが逃げ回るネズミのジェリーを捕まえて食べようとする米アニメの『トムとジェリー』に似ている。オオカミはこのアニメの各シリーズで、ウサギを食べたいがために追い回し、そのついでにいろんな場所で騒ぎを引き起こすが、ウサギはオオカミの追跡からうまく逃れている。
ソ連では『ヌー・パガジー!』が大ヒット。しかし、フィンランドではテレビでの公開が禁止された。同国では作品中でウサギはあまりにも残酷で、オオカミはそのせいでいつも困っていると判断されたからだ。
次の質問
確認
結果を見る
シャパクリャクおばあさん
シャパクリャクおばあさんは、チェブラーシカ作品の登場人物の1人。彼女はチェブラーシカやワニのゲーナに様々ないたずらや嫌がらせをするなど、常に何かを企んでいる。作品中でシャパクリャクは「良い行いをしても、それで評判が立つわけじゃない」から誰かを助けたりはしないという歌を歌っている。
シャパクリャクおばあさんは、チェブラーシカ作品の登場人物の1人。彼女はチェブラーシカやワニのゲーナに様々ないたずらや嫌がらせをするなど、常に何かを企んでいる。作品中でシャパクリャクは「良い行いをしても、それで評判が立つわけじゃない」から誰かを助けたりはしないという歌を歌っている。
次の質問
確認
結果を見る
雪の女王
ソ連アニメ『雪の女王』は、ハンス・クリスチャン・アンダーソンによる同名の童話を1957年にソ連で映像化したもの。同作品はいくつかの国際コンクールで受賞し、2000年には東京映画祭で上映されるなど、多くの映画祭で公開された。
この作品で雪の女王は、悪役。彼女は魔法で街や人々に吹雪を降らせる。この吹雪が目に入ると、その人は邪悪で冷淡な人間になってしまう。
日本のアニメーター、宮崎駿氏は、人生で自分は何をしたいのか決める時に、このアニメが大きな影響を与えたと打ち明けている。
ソ連アニメ『雪の女王』は、ハンス・クリスチャン・アンダーソンによる同名の童話を1957年にソ連で映像化したもの。同作品はいくつかの国際コンクールで受賞し、2000年には東京映画祭で上映されるなど、多くの映画祭で公開された。
この作品で雪の女王は、悪役。彼女は魔法で街や人々に吹雪を降らせる。この吹雪が目に入ると、その人は邪悪で冷淡な人間になってしまう。
日本のアニメーター、宮崎駿氏は、人生で自分は何をしたいのか決める時に、このアニメが大きな影響を与えたと打ち明けている。
次の質問
確認
結果を見る
ドモビョーナクのクージャ
ドモビョーノクとは、日本の座敷童子(座敷ぼっこ)に似ている。家に住みつき、その家の家族を守るロシアの神話上の生き物。
家の主が部屋の手入れをしてきれいにしておけば、ドモビョーノクは満足する。ところが、家のあちこちに汚れがあるとドモビョーノクは怒って家主のものを隠すなどの小さな嫌がらせをする。
このアニメの冒頭でドモビョーノクのクージャはある古い家に住んでいたが、その後新しいアパートに移り住み、そのアパートの住人と心が通じ合うようになる様を描いている。
ドモビョーノクとは、日本の座敷童子(座敷ぼっこ)に似ている。家に住みつき、その家の家族を守るロシアの神話上の生き物。
家の主が部屋の手入れをしてきれいにしておけば、ドモビョーノクは満足する。ところが、家のあちこちに汚れがあるとドモビョーノクは怒って家主のものを隠すなどの小さな嫌がらせをする。
このアニメの冒頭でドモビョーノクのクージャはある古い家に住んでいたが、その後新しいアパートに移り住み、そのアパートの住人と心が通じ合うようになる様を描いている。
次の質問
確認
結果を見る
霧につつまれたハリネズミ
この作品のなかでハリネズミは、友達の熊に会いに行く途中で霧の中に迷い込んでしまった。この物語には哲学的な要素も含まれており、世界中の観客の心を掴んでいる。
このアニメは、ソ連アニメにおける宮崎駿氏のもう1つのお気に入り作品でもある。この作品でハリネズミは親切で物思いにふけることが多く、お茶を飲んだり、星を見るのが好き。
この作品のなかでハリネズミは、友達の熊に会いに行く途中で霧の中に迷い込んでしまった。この物語には哲学的な要素も含まれており、世界中の観客の心を掴んでいる。
このアニメは、ソ連アニメにおける宮崎駿氏のもう1つのお気に入り作品でもある。この作品でハリネズミは親切で物思いにふけることが多く、お茶を飲んだり、星を見るのが好き。
次の質問
確認
結果を見る
モイドドゥイル
モイドドゥイルはソ連アニメのキャラクターで、ロシア語の「穴があくまでごしごし洗う」という言葉から命名されている。モイドドゥイルは清潔好きで、汚れを全部洗い落とそうとする。このアニメは衛生管理の大切さを教えてくれる作品。
モイドドゥイルはソ連アニメのキャラクターで、ロシア語の「穴があくまでごしごし洗う」という言葉から命名されている。モイドドゥイルは清潔好きで、汚れを全部洗い落とそうとする。このアニメは衛生管理の大切さを教えてくれる作品。
次の質問
確認
結果を見る
プロストクワシノ村のマトロスキン
野良猫のマトロスキンとは、『プロストクワシノ村』の登場人物の1人。マトロスキンは、チェブラーシカを生み出したロシアの童話作家、エドゥアルド・ウスペンスキー氏によって考案された。マトロスキンは人と会話ができ、数学、物理学などの精密科学まで知っている。
野良猫のマトロスキンとは、『プロストクワシノ村』の登場人物の1人。マトロスキンは、チェブラーシカを生み出したロシアの童話作家、エドゥアルド・ウスペンスキー氏によって考案された。マトロスキンは人と会話ができ、数学、物理学などの精密科学まで知っている。
次の質問
確認
結果を見る
お団子パン
お団子パン(コロボク)は、日本のアンパンマンのように、ロシアでは小さな子どもが好きなキャラクター。お団子パンはロシアの民話に登場し、おじいさんとおばあさんが焼いた丸いパン。作品の中でお団子パンはどうしても生きたいと願い、食べたがっている人たち全員から逃げ出している。
お団子パン(コロボク)は、日本のアンパンマンのように、ロシアでは小さな子どもが好きなキャラクター。お団子パンはロシアの民話に登場し、おじいさんとおばあさんが焼いた丸いパン。作品の中でお団子パンはどうしても生きたいと願い、食べたがっている人たち全員から逃げ出している。
次の質問
確認
結果を見る
不死身のコシチェイ
コシチェイはスラブ神話に登場する悪い魔法使い。コシチェイはロシアの童話によく登場し、主人公の邪魔をすることが多い。時には花嫁を誘拐し、主人公がその花嫁を救出する。
コシチェイはスラブ神話に登場する悪い魔法使い。コシチェイはロシアの童話によく登場し、主人公の邪魔をすることが多い。時には花嫁を誘拐し、主人公がその花嫁を救出する。
次の質問
確認
結果を見る
アウーおじさん
アウーおじさんは、森に住み、森を守る精霊のようなキャラクター。フィンランド人作家のハンヌ・マケラ氏の童話作品をモチーフにしてこの人形アニメシリーズは作られた。
アウーおじさんは、森に住み、森を守る精霊のようなキャラクター。フィンランド人作家のハンヌ・マケラ氏の童話作品をモチーフにしてこの人形アニメシリーズは作られた。
次の質問
確認
結果を見る
ソ連アニメを見たことがないようですね。
面白い作品がたくさんありますよ!
もう一度挑戦
ソ連アニメについてよく知っていますね。
でもあなたが見たことがない作品はまだまだありますよ 。
もう一度挑戦
あなたはソ連アニメの専門家!?
そのうちアニメスタジオに呼ばれて仕事することになりそうです。
もう一度挑戦