13:46 2020年08月07日
エンタメ
短縮 URL
0 40
でフォローする

コロンビア第2の都市メデジンに暮らす8歳のラブラドール犬、エロスは配達のアルバイトにいそしんでいる。エロスは注文の品を入れた麦わらの買い物かごを歯にくわえ、顧客を回っている。AP通信が報じた。

エロスは頑張って仕事をしたご褒美にご馳走をもらい、頭をなでてもらっている。

エロスの飼い主のマリア・ナチヴィダド・ボテロさんは、息子の懇願に負けて犬をもらい受けた。今やこのエロスが町の人のソーシャルディスタンス(社会的距離)維持を助けており、顧客の愛情も勝ち得た

​エロスは配達を始めた当初は、マリアさんと子どもたちと一緒に得意先を回っていたが、そのうちに顧客のうち、数人の名前と住所を覚えてしまい、自分ひとりで(一匹で)届けられるようになった。マリアさんの話によれば、エロスは5-6軒の配達を担当している。

コロンビアでは現在、毎日の新たな感染者数が3000人を超えているため、買い物のために外出できる日数が制限されている。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, エンタメ, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント