05:01 2020年08月15日
エンタメ
短縮 URL
0 50
でフォローする

米ニュージャージー州のあるレストランで、常連客が残した多額のチップと温かいメッセージがウエイターたちの感涙を誘った。Asbury Park Pressが報じた。

舞台となったのは「The Starving Artist(空腹の芸術家)」というレストラン。ここの店をこよなく愛する、その客は朝食に43ドルを支払い、気前よく1000ドルものチップを置いて出て行った。

それだけではない。客はこんなメッセージカードを残していた。

「大変な時期を乗り越えることができた皆さんに感謝します。うちの家族は毎年夏の到来を待ちかねています。お宅のブレックファーストを味わえるからです。おいしいお食事、素晴らしいスマイルをありがとう。私たちはあなた方を高く評価していますよ。」

レストランのオーナーは、この客が店を出た後、ウエイターと一緒にメモを読み、涙を流したと語っている。

チップはその時、店にいた従業員7人が分け合った。

関連ニュース

タグ
エンタメ, 米国, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント