05:55 2020年08月15日
エンタメ
短縮 URL
0 03
でフォローする

元夫のジョニー・デップさんから家庭内暴力を受けていたとして裁判で争っている女優のアンバー・ハードさんだが、当時、ハードさん がデップさんと暮らしていたマンションの従業員らがハードさんの顔にあざを作った疑いのある真犯人について口火を切った。デイリーメール紙が報じた。

デップ、ハード夫妻が当時住んでいたペントハウスの女性従業員は、ハードさんの顔にあざが現れたのはデップさんが米国の国外に出て1週間後だったと証言している。

マンションのセキュリティサービス課のアレハンドロ・ロメロ氏は、デップさんの不在時にハードさんのもとにはイーロン・マスク氏が数度訪ねてきていたと語っている。ロメロさんは、マスク氏は2週間の間に深夜11時頃に数度にわたってハードさんを訪ねており、ハードさんの顔にあざが出来たのもちょうどこの時期だったと証言している。

この2人の目撃者はデップさんの不在時にハードさんの元をたずねたのはマスク氏だけだったと証言している。

現在、マスク氏はアーティストのグライムスさん(30)と交際しており、5月には二人の間に男児が誕生している。

関連ニュース

タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, エンタメ, イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント