13:44 2020年08月07日
エンタメ
短縮 URL
0 41
でフォローする

日本のゲームクリエイターの小島秀夫氏は13日、オンラインイベント「サマー・ゲーム・フェスト」に出演した。イベントで小島氏はいつか米宇宙開発企業スペースXを訪れ、同CEOのイーロン・マスク氏と話をしてみたいと語っている。

小島氏はこの日、イラストレーターの新川洋司氏とともにゲームジャーナリストのジェフ・キーリー氏主催のオンラインイベントに参加。そこで小島氏は、数年前に米ゲーム会社バルブ・コーポレーションのオフィスを訪れ、CEOのゲイブ・ニューウェル氏と対談したエピソードを披露した。

​両氏は対談を始めてすぐに、宇宙というテーマにお互い惹かれていることに気づいた。スペースXのマスク氏を知っているニューウェル氏は、マスク氏に会いに小島氏といつか絶対にスペースXを訪ねて語り合おうと提案したという。

またイベントで小島氏は、自身がプロデューサーを務めるPC用アクションゲーム『デス・ストランディング』についても言及。同ゲームは、未知の敵を恐れて人々が外出しなくなった世界を描いたもの。このゲームの目的は、敵を避けたり撃退しながら荷物を目的地に配送すること。

イベントで小島氏は、同ゲームが新型コロナウイルスのパンデミックと関連づけて語られることが多いが、自分はこの時代を予見していたわけではないと語っている。

関連ニュース

タグ
エンタメ, 日本, ゲーム, ゲーム, イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント