14:51 2020年09月22日
エンタメ
短縮 URL
0 11
でフォローする

スウェーデンのアパレルメーカー「H&M」は「ディスタンスがあってもハグできる」ジャケットを披露した。ニュースサイト「Insideretail」が伝えた。

このシリーズは「ウェアラブル・ラブ(Wearable Love)」と題され、感染拡大や自主隔離でいわゆるハプティック・コミュニケーション(触感)が足りないと感じる人々をターゲットにしている。ジャケットはデニム製で、ハグの感覚を再現するセンサー内臓。

製品毎に個別コードがあり、親しい人と番号を交換することができる。専用アプリとブルートゥース(Bluetooth)によりセンサーをアクティベーションする。ジャケットは様々なタッチパターンを再現し、誰にハグされてかが分かるという。「ウェアラブル・ラブ」シリーズの一般販売時期については未定。

関連記事

接触確認アプリ-利用してみた第一印象 アプリに関する疑問

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント