15:43 2020年09月26日
エンタメ
短縮 URL
0 10
でフォローする

10歳になる赤毛のターキッシュアンゴラ「ミトン」が毎年恒例の「イヤー・オブ・ザ・ニュージーランド」のファイナルに進出した。

賞の創設者であるミリアカ・カモ氏によると、決勝で「ミトン」のライバルとなるのはジャシンダ・アーダーン同国首相、保健局長のアシュリー・ブルームフィルド博士、その他政治家や社会活動家、有名人だという。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Bruno (@brunomartinedwards_photography)

「ミトン」が候補になったのは偶然ではない。ウェリントン市では知らない者はおらず、SNSでも人気者だ。有名になったきっかけは町の散策。「ミトン」はとても活発で人懐っこく、好奇心が強い。遠慮せずに店やレストラン、オフィス、娯楽施設に立ち寄ってはリラックスした様子を見せている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от The Adventures of Mittens (@mittensofwellington)

「ミトン」はあっという間に地元住民のお気に入りになり、エサをもらい、撫でられ、やりたいことを好きにさせてもらっている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Ninjaflower Wellington (@ninjaflowerwellington)

あまりの人気に、アンディ・フォスター市長は今年初めに特別式典を設け「ミトン」に賞状を授与し「市の鍵」を首輪にかけた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Wellington City Council (@wgtncc)

また「ミトン」は市の公式カレンダーにも登場。LAD Bibleによると「喜びと親切のシンボル」と紹介されているという。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от cats eye met (@catseyemet)

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント