01:13 2020年09月22日
エンタメ
短縮 URL
0 32
でフォローする

オランダ・アムステルダムでは独自の方法で路上の清潔さを目指している。街の真ん中に「グリーン」小便器が設置された。CNNが伝えている。

外観では小便器はフラワーホルダーとファーストフード店のゴミ箱のハイブリッドのように見える。中には清潔な産業用吸収剤(猫のトイレに使用されているものと同じ)が詰められている。

小便器は「GreenPee」と命名。これは言葉遊びになっており、その「プロセス」と結果は誰にも悪影響を与えないという意味が込められている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

De nieuwe 2 persoons GreenPee, het circulaire urinoir staat te popelen om naar buiten te gaan. #circulair #energietransitie #greenpee meer weten info@greenpee.nl

Публикация от GreenPee (@greenpee.nl)

まずは試験的に2018年にバーやレストランが多い繁華街に4基が設置された。「グリーンピース」により路上の悪臭問題が50%削減したと判明し、市の行政は大変驚いた。そのため2020年にさらに8基を注文し、中心街に設置。

同じようなノウハウがオランダの他都市や隣国ベルギーでも登場している。

関連ニュース

タグ
びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント