11:52 2020年10月20日
エンタメ
短縮 URL
0 30
でフォローする

米国のスミソニアン国立動物園で22歳のメスのジャイアントパンダが計画妊娠によって元気な赤ちゃんを出産した。驚くほど小さい子パンダは、生まれたての子犬のように足に力がはいらず、ふらふらとしている。この赤ちゃんの誕生は飼育員にとっては待望の出来事だった。

子パンダの母親メイシャンにはこの春に人工授精が行われた。メイシャンは実際に受胎するまで7度の想像妊娠を繰り返していたが、8月にようやく健康な赤ちゃんを産み落とした。

赤ちゃんパンダの体重はわずが952グラム。体長34センチ。ビデオのナレーションによれば、赤ちゃんの大きさはなすび程度。発育は順調だが、性別はまだわからない。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Smithsonian's National Zoo (@smithsonianzoo)

タグ
エンタメ, かわいい, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント