16:07 2020年10月24日
エンタメ
短縮 URL
0 70
でフォローする

日本人の片山慈英士さん(26)は、南米ペルーの世界遺産マチュピチュを訪れることを夢見ていた。片山さんは3月14日にマチュピチュへの拠点となるマチュピチュ村に到着した。片山さんは3月16日に遺跡に入るチケットをすでに購入していた。ところが、ペルー政府は15日、新型コロナウイルスの影響で非常事態を宣言、マチュピチュを含む観光地は閉鎖された。国境は閉鎖され、片山さんは足止めされた。そしてマチュピチュ村で7ヶ月過ごすこととなった。 

ボクシングトレーナーの片山さんは毎日ジョギングに出かけ、入場できなかったマチュピチュを眺めていたという。しかし片山さんはペルーの他の観光名所を訪れることができたため、そんなに気を落とさなかった。また片山さんはマチュピチュ村の人たちとも仲良くなり、地元の子どもたちにボクシングを教えたりした。

資金が底をつきかけたため、片山さんはそろそろ帰国する時期だと考えた。しかし、マチュピチュ観光を夢見る片山さんは旅行会社に問い合わせ、これまでの経緯を語った。すると旅行会社がペルー文化省の支援を取り付けることに成功、そのおかげで片山さんには閉鎖中のマチュピチュを訪れるための特別な許可が与えられた。

片山さんはマチュピチュの責任者及びカメラマン2人と一緒にマチュピチュを訪れた。片山さんはこの7ヶ月間で初めてマチュピチュを訪問した観光客となった。また観光客のいないマチュピチュを見た数少ない1人となった。

片山さんがCNNに語ったところによると、片山さんは10月16日にも日本へ帰国する予定。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Jesse Katayama (@jessekatayama)

片山さんは、たくさんの友人ができたマチュピチュ村の人たちとの別れを寂しく感じているという。

タグ
観光
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント