13:07 2020年11月24日
エンタメ
短縮 URL
0 10
でフォローする

スイスで、世界最大のツーガーキルシュトルテ(さくらんぼのケーキ)がギネスブックに登録された。スイスで菓子店を経営するピーター・シュペックさんがリアノーボスチ通信に明らかにしたところによれば、世界最大と認定されたケーキの重さは240キロ以上もあるとのこと。

シュペックさんによれば、このツーガーキルシュトルテは直径4メートル以上、重さ241キロ。この巨大ケーキは今年1月に作られたもので、バター18キロ、小麦粉23キロ、卵900個以上、キルシュ(さくらんぼの蒸留酒)100リットル以上が使われたという。

​世界最大のケーキを作るのには55時間以上が費やされた。出来上がったケーキは3,000個に切り分けられ、ケーキ作りの過程を見守った人々に振舞われたとのこと。

ツーガーキルシュトルテは1915年に中央スイス、ツークに住むパティシエ、ハインリッヒ・フェーンによって考案されたもので、スイスでもっとも有名なお菓子の一つとして知られる。

関連ニュース

タグ
スイス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント