13:28 2020年11月24日
エンタメ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米ケンタッキー州の都市ラビット・ハッシュでフランス犬のブルドックのウィルバーが市長の座をかけたチャンピオンシップレースに出場し、ビーグル犬とゴールデンレトリバーを打ち負かした。歴史的コミュニティーであるラビット・ハッシュ市のフェイスブックで公表された。

米国の大統領選挙の最中、ラビット・ハッシュ市では市長の座をかけた独自のレースが行われた。慣例としてレースにはさまざまな種類の犬が出場する。同市にこの伝統が生まれたのは1990年代で、資金集めが目的だった。希望者は誰でも出場した「犬たち」に1ドル支払って投票することができる

同市の2020年の市長選挙ではフランス犬のブルドックのウィルバーが勝利を収めた。ウィルバーは2万2985人の有権者のうち計1万3143票を得た。同市のデータによれば、この数は歴代最多となる。

また市長レースでは2位と3位をビーグル犬のジャックラビットとゴールデンレトリバーのポピーが占めた。しかし、負けたとはいえこの犬たちも政界に進出し、ラビット・ハッシュ市の大使に就任した。

関連ニュース

タグ
動物, エンタメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント