12:56 2020年11月24日
エンタメ
短縮 URL
0 45
でフォローする

韓国の人気ガールズグループ「BLACKPINK(ブラックピンク)」の新しいクリップをめぐってスキャンダルが巻き起こっている。この動画でグループのメンバーたちは動物園でパンダと戯れている様子が映し出されているのだが、中国のネットユーザーたちはこれを動物虐待だとして怒りを噴出させている。

撮影は「BLACKPINK」のYouTubeチャンネルで公開されている「24/365 with BLACKPINK」の動画シリーズの一環で行われた。メンバーたちは韓国のエバーランド動物園を訪ね、自分たちの手でおとなのパンダのために食べ物を用意し、赤ちゃんパンダ、フーバオの世話をした。

  • 記事が投稿された時点で、動画は削除されていた。

メンバーたちの狙いはファンたちの感動を誘うことだったが、中国のネットユーザーたちは、逆にこれに怒りを爆発させ、赤ちゃんパンダに危害を加え、ストレスを与えたとしてグループのメンバーたちを非難している。

こうした社会の反応には中国政府も目を向け、国家林業草原局が状況をコントロールしていくと約束している。さらに中国のジャイアント・パンダ保護研究センターもこの件について調査を行うと発表した。

韓国のインターネットサイト「Nocutnews」によれば、撮影は11月1日に行われた。またこのサイトからのインタビューに応じたパンダ保護研究センターの代表は、撮影は専門家の監督の下、手指を除菌し、必要な手続きをすべて遵守した上で行われたと述べている。

ほとんどの間、メンバーたちはマスクと手袋を着用しており、手袋を外しているのは、おとなのパンダに食べ物を与えているときだけである。しかし、このエピソードもまた大きな非難を呼んだ。

今のところ、この動画は完全には公開されておらず、プレビューがアップされただけであることから、メンバーたちはこのエピソードの公開を取りやめる可能性はある。記事が投稿された時点で、プレビューは削除されていた。

BLACKPINKはYouTubeチャンネルの登録者数で、世界で4番目に多いアーティストとなったと報じられた。また夏にはYouTube史上最短で、再生回数1億回を突破した。


中国では、パンダは「国宝」と位置付けられ、平和と友情の象徴とされている。ジャイアント・パンダは現在、中国西部と南西部、とりわけ四川省、陝西省、甘粛省の山岳地帯にしか生息していない。竹が豊富な場所にしか生息できないからである。ジャイアント・パンダは現在、絶滅の危機にあり、これにより、世界でもより懸命に保護される動物のひとつとなっている。

タグ
エンタメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント