13:58 2020年11月29日
エンタメ
短縮 URL
0 11
でフォローする

サイトBuzzBingoが、映画で一番馬事雑言が多い女優を調べた結果、一番の毒舌家は英国のエミリー・ブラントだった。

ブラントが映画で罵倒した回数は81回。そのうち33回はホラー映画『ガール・オン・ザ・トレイン』に集中していたことがわかった。

2位は米国のジェニファー・ローレンスの75回。3位は同じく米国のレスリー・マンの70回。

ベスト?ワースト10にはフランシス・マクドーマンド、ウィノナ・ライダー、ジュリー・デルビー、ミラ・クニス、クリステン・ウィグ、ジェニファー・ロペス、ベル・パウリーが入った。

これより前に、罵詈雑言の多い男優編が調査されており、その結果、男優の罵倒回数の方が女優のはるかに上をいくことが明らかにされた。1位はジョナ・ヒルの376回、2位はレオナルド・ディカプリオの361回、3位はサミュエル・L・ジャクソンの301回だった。

タグ
映画, エンタメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント