03:30 2020年11月25日
エンタメ
短縮 URL
0 22
でフォローする

ビデオコンテンツ制作を手掛けるモスクワの映画監督でシナリオ作家のセルゲイ・バシリエフ氏が、ショートフィルム『ロシアのサイバービレッジ』を発表した。同作品の主人公でリャザンの農夫ニコライが故郷の村を歩いて回り、未来の村での暮らしについて語る。

ビデオの最大の特徴は特殊効果。画面にはQRコードが記された牛が現れ、この牛の搾乳や餌を与えるのは「Izhevsk Dynamics(イジェフスク・ダイナミクス)」社が開発したロボットたち。

動画には他にも、ホログラムやドローンなど、好奇心を掻き立てるディティールが盛り込まれている。

関連記事

タグ
ロシア, ロボット, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント