08:12 2021年01月28日
エンタメ
短縮 URL
0 05
でフォローする

英国の舞台俳優・映画俳優のジュード・ロウさんは、2011年にはパンデミックが起こる可能性があることを知っていた。男性ファッション誌「GQ」のユーチューブチャンネルにロウさんのインタビュー動画が投稿され、その中で明らかにしている。

ロウさんは、感染症の脅威を描いた2011年の映画『コンディション』にメインの役柄で出演。ロウさんによると、科学の専門家らが撮影の際、スティーブン・ソダーバーグ監督に映画で描かれているようなパンデミックが実際にも起こる可能性があると警告していたという。インタビューでロウさんは、「こういったことが起ころうとしていたことは、明らかだった」と語っている。

ロウさんは、「スティーブン(ソダーバーグ監督)と一緒に撮影に関わった専門家たちは、経験豊富で教養のある人たちだった」と語っている。ロウさんによると、専門家たちは撮影で何を期待されているのか正確に把握していたという。

その専門家たちは、撮影時には俳優陣やスタッフに、こういったことが起きるだろうと話していたという。ロウさんは、「その問題は『もし』起こったらではなく、『いつ』起こるかだったんだ」と語っている。

インタビューでロウさんは、専門家らは実際の世界で起きることを全て正確に映画で描いていたと語っている。ロウさんは当時「そんなことを撮影で知るのは恐ろしかった」という。そのためロウさんは2020年になり、感染が中国から世界中に広まっていくようになっても「残念ながら、あまり驚かなかった」のだという。

タグ
新型コロナウイルス, 映画, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント