21:44 2021年01月16日
エンタメ
短縮 URL
0 41
でフォローする

ドイツ南西部の都市カールスルーエの行政裁判所は、匿名の地元パン屋に焼き菓子におがくずを混入することを禁じた。サイト「Juris」が報じた。

このパン屋はおがくずを小麦粉の代替品として約20年間焼き菓子に混入していたが、その調合物を正直に示してドイツ全土で販売していた。この焼き菓子は、エキゾチックな商品の愛好家や独創的ダイエットの支持者らが購入していた。

2017年に焼き菓子は専門家の鑑定に送られ、その後、裁判所で禁止された

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Sascha (@woody_kray)

パン屋はこの決定に控訴した。 2020年にさらに別の裁判のプロセスが取られた。

裁判所の決定では、「この焼き菓子に安全は認められず、客観的な評価に基づけば食品に適していないため、食料品として販売すべきではない」と強調している。

決定では、これは糠に似た「伝統的な成分」であるというパン屋の主張にもかかわらず、おがくずは動物の飼料にも使用されていないと指摘した。

かつてはおがくずは実際に料理に使われていた。特に18世紀には欧州のパン屋はおがくずを焼き菓子などにコスト削減のために混入していた。

関連ニュース

タグ
エンタメ, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント