07:30 2021年09月20日
エンタメ
短縮 URL
0 16
でフォローする

米ラッパーでシンガーのリル・ナズ・Xさんは、人間の血を使ったスニーカー「サタン・シューズ」を発表し、物議を醸している。米CNNが報じている。

このスニーカーの外側は黒色で、ソール部分は赤色。星形と逆さの十字架がデザインされている。

このスニーカーは、米ニューヨークのアート集団「MSCHF」とリル・ナズ・Xさんが製作したもの。ナイキの「エアマックス97」を使用して製作されたが、ナイキはこの改造スニーカーから距離を置いている。

CNNによると、同社は「サタン・シューズ」の製作には関与していないと発表。

MSCHFによると、このスニーカーは666足限定。ソール部分には、人間の血が「1滴」含まれているという。血はMSCHFのメンバーから提供されたもので、このスニーカーの価格は1018ドル(約11万1500円)。

このスニーカーをめぐり、米政界や宗教界の著名人から避難の声が上がっている。牧師のマーク・バーンズ氏は、このスニーカーを「邪悪であり異端」とツイートしている。

​リル・ナズ・Xさんはこの騒ぎを受け、ユーチューブの公式チャンネルに「サタン・シューズに関して謝罪する」との動画を投稿。しかし再生直後にリル・ナズ・Xさんのミュージックビデオに切り替わり、悪魔と挑発的に踊っているシーンが映し出されている。

MSCHFは話題を集める商品を作り続けることで知られている。2019年には、ナイキの「エアマックス97」を改造し、イエス=キリストが洗礼したヨルダン川の水を使用した「ジーザス・シューズ」を発売した。

関連記事

タグ
ファッション
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント