08:58 2021年09月20日
エンタメ
短縮 URL
0 50
でフォローする

Netflixで3月25日に配信が始まったロシアのアニメ映画『秘密のまほう管理局』は、配信初週末に視聴回数で米国及び世界で2位となり、ブラジル、フランス、ギリシャ、スカンジナビア諸国では1位になった。同映画は、グリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』をモチーフにしている。「ロスキノ」が発表した。

『秘密のまほう管理局』では、大人になったグレーテルが秘密魔法管理局の優秀なエージェントとしてさらわれた国王の調査を行い、魔法使いのふりをしている兄のヘンゼルが相棒に任命される。

なお、3月にモスクワにオープンしたエンターテインメント施設は、ソ連アニメのファンたちにとって思いがけない贈り物となった。ここでは『チェブラーシカ』、『雪の女王』、『霧の中のハリネズミ』などの有名なアニメーションを新たな切り口から眺めることができる。

タグ
アニメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント