03:43 2021年09月28日
エンタメ
短縮 URL
0 30
でフォローする

イタリア北部の貯水湖から1950年に沈んだ村が出現した。BBCが報じた。

伊南チロル地方のレジア湖は、湖面から教会の鐘楼のみがのぞく景観で有名。その底には1950年に水力発電所の建造に伴い水中に沈んだクロン村がある。

イラン・3000年前の墓
© 写真 : Cultural Heritage, Tourism and Handicrafts Department of Kohgiluyeh and Boyer-Ahmad Province
今月半ば、補修工事で人造湖の水が一時的に抜かれ、14世紀建立の鐘楼の近くで階段や壁などの遺構が出現した。

1950年、地元当局により2つの湖を合わせて水力発電所の建造が決定。住民は反対したものの、160世帯以上の家屋が人造湖に沈んだ。住民に一部は新しく作られた近くの村に移住している。

人造湖に沈んだ古い村の写真はこちらで見ることができる。

関連ニュース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ
びっくり, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント