03:42 2021年06月19日
エンタメ
短縮 URL
0 20
でフォローする

フィギュアスケートを題材にした映画シリーズ『最後のアクセル』のジェネラルプロデューサーを務めるエカテリーナ・ラスカリ氏が、出演しているエフゲニア・メドベージェワ選手についてコメントを表した。

メドベージェワはドラマの1つのエピソードで自分の役を演じている。

ラスカリ氏はスポーツチャンネル「マッチTV」からの取材に「ジェーニャの出番を一瞬のフラッシュ程度まで短縮せざるを得なくなりました。それでもファンたちはスクリーンで彼女を見ることはできます。ジェーニャは女優の道に進めますよ」と語っている。

ラスカリ氏はメドベージェワは女優業が気に入っているとして次のように語っている。

「スポーツ選手は大きな問題を抱えているじゃないですか。選手生命終了後、自分を発揮する場所はコーチ業以外ないでしょう。私たちとの撮影がジェーニャが将来の職業を決める助けになればと思います。ひょっとして私たちが映画界への道を開いてあげたかもしれないじゃないですか」

以前メドベージェワはロシア代表に選ばれなかったことについてコメントし、決定は公平だと思うと答え、選ばれなかったからといって練習は投げ出さないと話していた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
エフゲニア・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント