07:25 2021年06月16日
エンタメ
短縮 URL
0 42
でフォローする

米国のモダン・ホラー小説家スティーヴン・キング氏がポータル「Dread Central 」からの取材に一番恐ろしいホラー映画を打ち明けた。

『シャイニング』や『IT』などのホラーを書いた作家にはこの世に恐ろしいものはなさそうだが、実はキング氏は『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999年)を見た時は恐怖のどん底に落とされたという。

「これを初めて見た時、私は入院中で鎮痛剤が投与されていた。息子がビデオカセットを持ってきて、絶対にみるべきだと言ったんだ。ところが半分まで見た時、もう耐えられなくなった。『止めてくれ! 恐ろしすぎておかしくなりそうだ』とね」キング氏は当時を振り返ってこう語った

ダニエル・マイリック、エドゥアルド・サンチェスが監督、脚本を手掛けたこの映画のあらすじは、3人の大学生がメリーランド州バーキッツビルという町を訪れ、伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」を題材にしたドキュメンタリー映画を撮影しようとするというもの。3人は不可解な現象に巻き込まれ、消息を絶ってしまう。

映画は公開後、観客や批評家からポジティブなレビューを集め、莫大な興行成績をあげている。わずか6万ドルという制作費で2億4800万ドル以上を稼ぎ出したことが評され、最高の収支バランスの映画としてギネスブックに登録までされた。

 

関連ニュース

タグ
映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント