02:44 2021年10月19日
エンタメ
短縮 URL
0 10
でフォローする

パリでフランス人綱渡り師のネイサン・ポーリン氏が、エッフェル塔からシャイヨー国立舞踊劇場までの670メートルを綱渡りで移動した。サイト「Actu Paris」が報じた。

このイベントはフランス文化遺産の日にちなんで行われた。ポーリン氏はエッフェル塔の高さ68メートルから綱渡りを開始し、そのルート上では態勢を変え、しゃがんだりした。その後、ルートは高さ30メートルのセーヌ川の一部を通過し、高さ56メートルのシャイヨー劇場の屋根の高さまで上昇した。

同氏が全ルートを制覇するのに要した時間は30分だった。

以前、ネイサン・ポーリン氏はサンクトペテルブルクのフォンタンカ川を綱渡りで渡り話題となった。同氏はアニチコフ橋に沿って張られたロープ上を移動し、フォンタンカ川の片側から反対側に渡った。このチャレンジでは彼は命綱を用意せず、素足でロープを渡った。

ネイサン・ポーリン氏が移動中にちょうど彼の真下を観光船が横切り、また、多くの歩行者たちが彼の取り組みに注目した。

関連ニュース

タグ
フランス, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント