12:13 2021年10月16日
エンタメ
短縮 URL
0 102
でフォローする

ロシアのニキータ・ミハルコフ監督は米映画芸術科学アカデミーが授与する「アカデミー賞」(通称、オスカー)は政治化していることから、ロシア映画の作品がこの賞にエントリーすることに意味はないと見ている。リアノーボスチ通信の取材に応じた中でミハルコフ監督が発言した。

ミハルコフ監督は28日にウズベキスタンの首都タシケントを訪れ、国際映画祭「シルクロードのパール」にスペシャルゲストとして参加した。この映画祭は9月28日から10月3日にかけて開催されている。

リアノーボスチ通信の記者が今年のアカデミー賞でロシア映画の受賞は期待できるかを質問したところ、ミハルコフ監督は「どれもダメ、というのもオスカーはもう無意味となったから」と回答した。ミハルコフ監督によると、エントリーすることに意味のある作品はあるにせよ、「オスカーは完全に政治化」しているという。

ミハルコフ監督の映画「太陽に灼かれて」は1995年のアカデミー賞で外国語映画賞に輝いた。

関連ニュース

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント