09:29 2017年03月28日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    ロンドン

    ロンドン郊外に大量の石油見つかる

    © Flickr/ Hernán Piñera
    欧州
    短縮 URL
    0 101742

    ロンドンから50kmのガトウィク空港ちかくで埋蔵量の多い油田が見つかった。木曜、UK Oil and Gas Investments (UKOG)社が発表した。

    同社によれば、埋蔵量は1000億バレル、密度は1平方マイル(約2.6平方km)あたり1億5800万バレルと見られる。しかし抽出可能なのはこのうちのほんの僅かだという。

    採掘は昨年始まっている。UKOG社によれば、大半が深さ762mおよび914mの地層に埋まっているという。

    専門家らは、米国と西シベリアの地質学的相似性を指摘しつつ、抽出可能なのは僅か3%から15%だとしている。

    UKOG社のスティーヴン・サンダーソン社長によれば、「今回の発見はここ30年間に英国で発見された中で最大のものであるかも知れず、国家的な重大性を持つものかも知れない」とのことだ。

    タグ
    石油, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント