14:17 2017年04月30日
東京+ 23°C
モスクワ+ 12°C
    ウクライナのEU加盟はEUの大きな過ちとなる

    ウクライナのEU加盟はEUの大きな過ちとなる

    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    欧州
    短縮 URL
    ウクライナ危機 (340)
    0 750100

    欧州は、もしウクライナに自分たちの価値観を浸透させたいのであれば、多大な努力をする必要がある。しかし、ウクライナがこれらの計画に同調しているかは不明だ。スイスの組織犯罪監視協会が作成した報告書では、このような見方が示されている。

    報告書では、ウクライナは世界で最も腐敗した国の一つだと指摘されている。報告書は、安全保障に関するジュネーブの監視協会、米国の国際犯罪・腐敗研究所、バーゼル統合研究所が行った、2013年9月から2014年1月にかけてのウクライナ情勢に関する調査に基づいている。

    一方でウクライナで最近起こった出来事も分析されている。報告書の作成者たちは、現在ウクライナは「戦争状態にある国であり、ウクライナ経済は極めて不安定である」との見方を示している。また報告書では、ウクライナと協力するあらゆる国は、寡頭制と関連したグループとの協力を余儀なくされ、ウクライナでは汚職と利害の対立が国の重要な問題であり続けていると指摘されている。

    アナリストたちは、ウクライナ東部で戦闘行為が続いていることについて、ウクライナにおける組織犯罪を強化するだけであり、それはウクライナ全土に広がるだけでなく、「ロシア、EU、米国をも巻き込む」、非常に強いものになる可能性があるとの見解を表している。このようにして「ウクライナは欧州にとって報復の女神」となるという。

    報告書の作成者たちは、「ウクライナはユーゴスラビアに続く、EUの外交政策の2つ目の大きな過ちとみなされる可能性がある。なぜならEUは戦争を回避できなかったからだ」との、全体的に悲観的な結論に達している。

     

    トピック
    ウクライナ危機 (340)
    タグ
    欧州連合, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント