07:17 2018年09月25日
ドネツク、防空壕に隠れるこども

世論調査によればウクライナ人の60%が平和回復のためドンバス放棄の用意あり

© Fotobank.ru/Getty Images / Pierre Crom
欧州
短縮 URL
0 190

社会調査センター「ソフィヤ」が実施した世論調査の結果によれば、ウクライナ市民の61,8%が、ドンバス地方(ウクライナ南部・東部)の若干の地域を放棄しても、戦争を止めるべきだと考えている。

一方戦闘行動継続を支持しているのは、22,9%に過ぎない。

しかしアンケートに答えた人のうち、大部分は、所謂「ドネツク及びルガンスク人民共和国」の独立を認めるべきではないとしている。なおウクライナ市民のほぼ半数(45,2%)が、ドンバス地方における戦闘行動を中止させ、ロシアとの関係を正常化するために交渉で若干の譲歩をしてもよいと考えており、譲歩すべきではないとする人々の割合38,6%を上回った。

キエフ現政権の評価について言えば、大統領や政府が、軍事紛争停止のため自分達が負ったあらゆる事をしていると見ているのは12,2%に過ぎず、48,7%とほぼ半数が、キエフの現政権は、何かをしてはいるものの、それでは明らかに不十分だと考えている。

また社会調査センター「ソフィヤ」のサイトに公表された調査結果によれば、ウクライナ市民の三分の一が、国の指導部は、ドンバス地方における戦闘行動停止のために「事実上何もしていない」と厳しい評価を下している。

関連:

Shell、ウクライナにおけるシェールガス開発から撤退する意向
米議会、ウクライナのネオナチ大隊への軍事支援を禁止
米議会、ウクライナへの武器供給を予算案に計上
ウクライナ首都近郊の石油基地で新たな爆発
タグ
ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント