00:17 2019年12月07日
フランス、ロシアに「ミストラル」建造技術の一部を譲渡

フランス、ロシアに「ミストラル」建造技術の一部を譲渡

© AFP 2019 / Jean-Sebastien Evrard
欧州
短縮 URL
0 131
でフォローする

フランスはロシアに対し、ヘリ空母「ミストラル」建造に使われた大型ブロック組立技術を譲渡した。統一造船会社軍事技術協力課長アレクセイ・ジーキイ氏が木曜、フォーラム「アルミヤ2015」で明かした。

同氏は次のように語った。

「ロシア国防省とフランスDCNSとの間の契約により、3種類の技術が譲渡された。これら技術を取得したのは3つの主体である。最初の2つについては国防省に問い合わせる必要がある。3つ目はアドミラルテイスキエ造船所であり、それは「ミストラル」建造に用いられた大型ブロック組立技術である」

同氏によれば、エンジニア・センター「アドミラルテイスキエ造船所」は「ミストラル」の船尾の図面をフランスから取得し、それをバルチースキイ工場の製造能力に合わせて修正した。同工場は以前から大型ブロック組立工法で建造を行っている。

統一造船会社はヘリ空母の船尾の建設に関する契約上の義務を全て履行しており、自身のサービスについては既に支払を受けており、船の処遇に関する一切の交渉を終了させているという。

関連:

フランス議員、ミストラルを難民救助に使うよう提案
「ミストラル」が中国の手に渡るのを危惧する米国
ミストラル、罰金を払うより沈めてしまう方が安上がり
タグ
ミストラル, ロシア, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント