23:34 2018年12月13日
移民

スイス南部ティチーノ州当局 移民が原因で国境の一時閉鎖を考える

© REUTERS / Antonio Parrinello
欧州
短縮 URL
0 42

イタリアと国境を接するスイス南部のティチーノ州当局は、難民が押し寄せて状況が複雑化しているため、国境を一時的に閉鎖する可能性がある。

ティチーノ州政府のノーマン・ゴビ首相は、スイスの新聞「ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥンク」日曜版に、「(イタリア経由でスイスへ入国しようとする)難民の流入が続いた場合、私たちは国境を一時的に閉鎖しなければならない」と語った。またゴビ首相は、「私たちは、移民の識別などで、イタリアやEUと作業を行っている」と述べた。

ゴビ氏は、フランス政府が先週、イタリアからの移民グループの受け入れを拒否する決定を下したことについて、「ティチーノが、ミラノの近くで唯一開かれた門であり続けた場合、これがスイスへの圧力を強めることは明らかだ」と語った。

ティチーノ州当局は、「我々は、スイス南部の国境で不法移民をストップさせて、彼らを送り返さなければならない」と指摘した。

関連:

移民問題「ハンガリーはこれ以上待てない」:4メートルの壁が国を移民から守ることはできるか?
イタリアにとって移民に関する「プランZ」は完全なゼロを意味する
欧州への不法移民、今年初めから10万人に達する
一昼夜でイタリアの海岸へ4200人以上の不法移民
英国、EUの移民政策に不支持
タグ
イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント