14:25 2018年12月10日
ドイツ、第二次大戦の爆弾処理で1万6000人が避難

ドイツ、第二次大戦の爆弾処理で1万6000人が避難

© AP Photo / Markus Schreiber
欧州
短縮 URL
0 0 0

ドイツのハノーファーおよびランゲンハーゲンで、第二次世界大戦時の弾薬3発の処理のため、住民の一部避難が行われた。テレビ・ラジオ放送NDRが伝えた。

数日前、工事の際、3発の爆弾が発見された。爆弾が不発弾であるかどうかは作業の際にはじめて判明する。

避難は現地時の朝9時に始まった。付近の自動車道は封鎖された。NDRによれば、処理が無事に終われば、封鎖は解除されるという。

ドイツではこうした事例が定期的に起こる。今年の5月にはケルンで不発弾処理のため2万人が避難した。

タグ
事件, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント