03:47 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    フランス農夫、激昂のあまりスーパーに豚を放つ

    フランス農夫、激昂のあまりスーパーに豚を放つ

    © 写真: Twitter/@MailOnline
    欧州
    短縮 URL
    217521272

    激昂した農夫がフランスのアジェンにあるスーパーに豚を放った。フランスでは農業危機に政府の関心を向けようと相次いで抗議行動がとられている。

    フランスの農家は産品の買い取り価格が低すぎるため生活が成り立たないとの苦情を上げている。

    中国でフランスの農産品への需要が下がり、またロシアによる禁輸もあって、危機が深刻化している。ロシアは西側の制裁に対抗して禁輸を行っている。この制裁合戦により、フランス農家は既に50億ドルの損失を出している。

    フランスではこの1週間、抗議行動の波が起こっている。道路の封鎖によりフランス随一の観光名所モンサンミシェルに観光客が入れない騒ぎもあった。さらに、リオンへの道も封鎖を受けている。

    激昂した農夫らはバリケードを築き、タイヤを燃やし、道路を肥料や農作物で敷き詰めている。

    政府は緊急支援として農家支援に6億ユーロを拠出することを決めた。しかし農家側はこれを不十分とし、ロシアとの制裁合戦停止を求めている。

    クリミアを訪問したフランス議員団の代表ティエリ・マリアニ氏によれば、EUの制裁は結果的にフランスの農業を打撃した。同僚のジャック・ミアル氏は、フランス政府はワシントンの圧力に屈し、ロシアとの実務関係を犠牲にした、と述べた。

    タグ
    制裁, 対露制裁, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント