12:47 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    ドイツ ジャーナリスト2人 国家反逆罪容疑で捜査へ

    ドイツ ジャーナリスト2人 国家反逆罪容疑で捜査へ

    © AP Photo/ Markus Schreiber
    欧州
    短縮 URL
    12228917

    ドイツ政府は、2人のジャーナリストが、政府によるインターネット上での国民監視計画に関する記事をリークしたとして、彼らを国家反逆罪で告発した。現在この話題は、ドイツのマスコミでトップ扱いだ。

    過保護な眼差し
    © Sputnik/ Vitaly Podvitski
    ジャーナリスト自身はすでに、連邦検察庁から、国家反逆罪容疑での取り調べ開始通告書を受け取った。二人とも、こうした容疑は馬鹿げたことだと反発している。

    英国の元諜報員、アニー・マション氏は、ドイツ当局は「最も重要な価値の一つは、言論と報道の自由だと言っておきながら、狡猾だ」と指摘し、次のように述べたー

    「この10年、特務機関、軍人あるいは政府の役人など、秘密を暴露する人達は皆、刑事責任を問われる事も含め、非常に高い代償をしばしば払っている。それでもマスコミで働く人々は、現在に至るまで、報道の自由というドクトリンに守られてきた。それは、ジャーナリストというものは、社会の利益の為に働いているというものだ。それゆえ、私の見るところ、ジャーナリストが同胞の目を開かせ、あなた達の権利が侵されていると指摘する時、それを反逆と呼ぶのは、極めて深刻な誇張である。

    恐らく、当局は、真面目なジャーナリスト活動を試みている小さな独立インターネット・ニュースサイトという御しやすい獲物を見つけたのだろう。これはまさに、ダビデとゴリアテの戦いだ。」

    国家反逆罪で有罪となった場合、最高刑で禁固15年の判決が言い渡される可能性もある。

    タグ
    ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント