12:24 2019年10月19日
マスコミ報道、独政権は米とのスパイ行為の合意を国民から隠蔽

マスコミ報道、独政権は米とのスパイ行為の合意を国民から隠蔽

© AP Photo / Markus Schreiber
欧州
短縮 URL
0 25
でフォローする

独政府は、欧州における米特務機関が監視する施設の通話リストを独議員へ提出させるため、米国と協議をおこなっているといい続け、数ヶ月にわたり議会と社会を混乱させてきた。実際は米国からの回答は5月10日にはすでに入っていた。

米大統領府からの文書による回答には、大統領府のデニス・マクドノー長官のサインもあり、独政府は通話リストを、広範な世論にさらさないことを条件に、議会の諜報活動調査委員会へ提出する権利を有すことが書かれていた。リアノーボスチ通信が独シュピーゲル紙の報道を引用して報じた。

イルカ
© 写真 : Jorge Cervera Hauser
独政府は米国からの回答を受理した後も数ヶ月間にわたって、米とこの問題に関する協議が続けられており、独はリスト公開を求めているものの、米は一部公開も断固として拒否しているといい続けてきた。

タグ
NSA, 米国, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント