14:39 2018年02月21日
東京+ 8°C
モスクワ-13°C
    アムステルダム発パリ行き列車テロ、欧州諸国は安全対策を強化

    アムステルダム発パリ行き列車テロ、欧州諸国は安全対策を強化

    © REUTERS/ Francois Lenoir
    欧州
    短縮 URL
    0 24

    8月21日、アムステルダム発パリ行きの旅客列車で銃撃事件を起こした男性の身元をスペイン警察が突き止めた。銃撃では3人の負傷者が出ている。容疑者は銃と刃物を所持していた。

    モロッコ出身のアユブ・アリ・カザニ容疑者(26)は過去8年にわたりスペインに滞在。カザニは最初は首都マドリッドに暮らしたあと、ジブラルタル海峡に接するアルヘシラスへと移った。3年間で3度の逮捕歴があり、麻薬取引でも捕まっている。そのほかスペイン警察の発表では、カザニ容疑者は急進的イスラム運動に関与していた疑いがもたれている。

    カザニ容疑者はパリ行きの急行列車内で発砲し、米軍人2人を含む3人に怪我を負わせた。米軍人らはカザニ容疑者に襲い掛かり、縛り上げた。軍人らは怪我を負い、病院に搬送されている。
    列車銃撃テロの後、フランスとベルギーでは安全対策レベルが引き上げられた。ベルギーでは国境を越えて走る旅客用車両についてはランダムな車内検査が行われている。

    タグ
    テロ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント