03:31 2021年04月16日
欧州
短縮 URL
0 216
でフォローする

ドイツで何者かが難民の避難所になるはずの施設に放火した。負傷者は出ていない。

事件はチューリンゲン州のゲルシュトゥンゲン市で発生した。無人の民家の所有者がそれを移民の避難所に提供した。しかし今日未明、建物は焼き討ちされた。被害額は2万5000ユーロとされる。

治安機関は民族間憎悪に基づく犯行とこれを見ている。

ドイツではここ最近、移民の流入量増大を背景に、避難所への襲撃が頻発している。昨年、極右組織は162回、避難所を襲撃した。8月末、同様のケースがウンターヴァイスバッハでも起きている。

関連:

ハンガリー特務部隊 難民の中に2人のテロリストを発見
シリア難民へのビザ発行数、ブラジルは南欧を凌駕
フィンランド首相、難民に自宅の門戸開放
メディア報道:難民に紛れてイスラム国戦士4000人が欧州に入り込んだ
ローマ教皇、欧州のカトリック教徒に難民家族の受け入れを呼びかけ
タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント