17:12 2018年09月22日
難民

ドイツ、移民問題でシェンゲン協定への参加を停止

© AFP 2018 / Aris Messinis
欧州
短縮 URL
0 04

ドイツ内務省のトーマス・デメジエール大臣は、中東・北アフリカ諸国から移民が大挙流入していることを受け、国境警備を再強化することを宣言した。 特にオーストリアとの国境に注意が払われる。両国間の鉄道連絡は12時間停止される。Der Spiegelによれば、政府は国境に軍を派遣することも検討中という。

大臣によれば、こうした方策は移民の流入量を抑え、入国者のレギストレーション手続きを正常化するためのものだという。

こうした方策は、域内の自由通行というシェンゲンゾーンの理念に反する。しかし社会および国家の安全が脅かされる場合には、国は一時的に国境管理を強化してもよいことになっている。

今後はEU市民および身分証(ビザなど)を所持した人のみが国境を無障害通行できるようになる。

関連:

ロシア外務省報道官:ロシアはEUの難民問題を助ける用意がある
日本、ドイツの難民がドイツ語を覚えるのに1億円を拠出
今年の終わりにかけてシリアからは百万人の難民が出る可能性あり
ドイツ、又しても難民の避難所に放火
ロシア、シリア難民を受け入れるか?
タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント