01:52 2020年10月31日
欧州
短縮 URL
385
でフォローする

英国のキャメロン首相はオックスフォード大在学中、マリファナを使用していた。こうした内容を含む非公式のキャメロン伝『デイヴと呼んでくれ』が10月に刊行される。The Daily Mailが一足先に内容を明かした。

キャメロン氏のマリファナ・エピソードは、彼の友人でジャーナリストのジェームス・デリングポール氏の証言。同氏によと、氏はオックスフォード在学中、しばしばSupertrampのアルバムを聴きながら、キャメロン氏とマリファナを吸っていた。

また同書によれば、キャメロン氏と妻のサマンサ氏の家でパーティがあると、来客たちは自由にコカインを使用していた。ただし、キャメロン氏本人が重い薬物を使用していたとの証言はない。

また同書によれば、キャメロン氏はオックスフォードの名門学生コミュニティ「ピアース・ゲヴェストン」のメンバーだった。同会のある日のパーティでキャメロン氏は、オックスフォード大の同級生の膝の上にあった「死んだ豚の口に、体の猥褻な部分を入れた」という。いくつかの報告によると、その瞬間の写真が存在するものの、著者は手に入れることが出来なかった。

タグ
デーヴィッド・キャメロン, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント