19:42 2019年07月20日
米国、独空軍基地に新型核爆弾を配備へ

米国、独空軍基地に新型核爆弾を配備へ

© AP Photo / Charlie Riedel
欧州
短縮 URL
1321

米国は独西部の空軍基地に新たな核爆弾B61-12を20発配備の構え。22日、第2ドイツテレビがニュースサイトで報じた。

「ラインラント=プファルツ州のブリューヘル近郊にある独連邦軍基地ではここ数日の間に米国の新たな核爆弾の配備に向けた準備作業が始まっている。これが国予算計画で承認されたとの情報を番組『フロンタール21』が入手した。計画によれば、予算には2015年第3四半期から開始し、米空軍ラインでの独戦闘爆撃機『トルナード』に新型核爆弾B61-12を供給するための資金が記載されている。」

記事の筆者によれば、2010年3月の時点ですでに独連邦議会は、米国製原爆をドイツ領内から運び出すことについての米国との交渉の全権を独政府に与えるとことを多数決で承認していた。このほか、核軍縮計画は2009年の同盟条約の締結時の時点で書き込まれている。 「

にもかかわらず、軍縮の代わりに20発の新型核爆弾の配備となってしまった。これは広島に投下された原爆の80発分に値する」第2ドイツテレビのサイトが報じた。

ロシア外務省のマリヤ・ザハロヴァ公式報道官は22日の記者会見で声明を表し、米国の計画によるドイツおよび他の欧州諸国に配備の米核爆弾の刷新計画はロシアの憂慮を招いていると語っている。

関連:

ロシア国防次官 米国による新型核爆弾の実験は挑発行為
米国、新型核爆弾の最初の飛行試験行う
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント