06:24 2019年11月18日
メルケル首相

マスコミ:ドイツ人もびっくり。Siriがメルケル首相を「米国の奴隷」と呼ぶ

© AP Photo / Michael Sohn
欧州
短縮 URL
3250
でフォローする

一連のマスコミとドイツのSNSユーザーは、ドイツのアンゲラ・メルケル首相について検索したところ、アップル社の音声アシスタントSiri(シリ)から驚くべき答えが返ってきたと伝えた。

Siriは、メルケル首相について「嘘つきで、米国の奴隷である」と答えたという。

ドイツの週刊誌「デア・シュピーゲル 」によると、Siriはアンゲラ・メルケル氏をアンゲラ・フェルケル(ドイツ語でフェルケルは子豚を意味する)と呼び、その人物は「ドイツの嘘つき、かつ米国の奴隷である」とし、「(残念ながら)2005年11月22日からドイツの首相を務めている」と答えたという。

「デア・シュピーゲル 」は、原因について、アンゲラ・メルケル氏に関する「ウィキペディア」のドイツ語の記事が先に編集されたことによって、このようなことが起こったと説明している。アンゲラ・メルケル氏に関する「ウィキペディア」のドイツ語の記事で、名前と職歴が修正されたという。Siriは、音声による質問を処理して、ウィキペディアの記事を伝えただけだったというのだ。

しかし、SNSでは、センセーションが巻き起こった。ユーザー名Svenさんは、「オーケー、Siri。僕は全部分かったよ」と書き込んだ。

またブレーメンに住む女性マレイケ・マイヤーさんは、「今日、私の他にアンゲル・メルケルについてSiriに質問した人はいますか?私は質問してみたわ」と書き込んだ。

タグ
アンゲラ・メルケル, 米国, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント